Hatena::Groupgroovy

morioXのGroovyお勉強日記

2009-10-07

[] Groovyインストール手順まとめ (2)(Windows編-1)  Groovyのインストール手順まとめ (2)(Windows編-1) - morioXのGroovyお勉強日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Groovyのインストール手順まとめ (2)(Windows編-1) - morioXのGroovyお勉強日記

前回は、各環境で通用するインストール手順をまとめました。今回は、最も利用者が多い(であろう)Windows環境へのインストーラを使ったインストールについてまとめてみました。

せっかくの機会なので、Java環境のインストール手順から書いてみてます。なので、少々長いです。必要なところをつまみ食いする感覚で読んでみてください。

なお、ここで紹介する情報はすべて2009年10月10日現在のものです。

(日記の日付が10月7日なのは、日記1日分のアクセスで表示される量を絞る目的で、内容を分割し、過去の日付から書き始めたからです)

1. Java環境のダウンロード

まだJava環境がセットアップされていない場合は、まずそのセットアップを行う必要があります。すでにJava環境(JDK)がインストールされている方は、この項(Javaダウンロード)と次の項(Javaインストール)をスキップして下さい。

まずは、以下のサイトにアクセスします。

http://java.sun.com/javase/downloads/index.jsp

最近は、どこのページに行けば JDKダウンロードできるか、わかりにくくなりました。このページからダウンロードリンクに進むことができます。

f:id:morioX:20091011041925j:image:w560

今回は、ページの真ん中あたりにある「JDK Update XX」というところからJava環境をダウンロードします。ほかにもさまざまなダウンロードセットが用意されていますが、話をややこしくしないためには、一番シンプルなこちらをダウンロードするのがベストです。

f:id:morioX:20091011041928j:image:w560

プラットフォームを聞かれるので、ここは「Windows」を選択します。Language部分は、「Multi-language」で固定のようなので特にいじらず。あとは、License Agreementにチェックして次に進みます。

f:id:morioX:20091011041930j:image:w560

ダウンロードリンクからファイルをダウンロードします。

f:id:morioX:20091011041931j:image:w560

ダウンロードすると、こんなアイコンが生成されます。ダウンロードファイルの名前がこの名前からかけ離れている場合は、やり直すのが賢明かと思います。

f:id:morioX:20091011041935j:image

Javaダウンロードはここまで。次の項でJavaインストールを紹介します。